回避性人格障害克服ガイド - 症状・治療・恋愛などを解説

回避性人格障害克服ガイド - 症状・治療・恋愛などを解説

スポンサーリンク

回避性人格障害とは〜症状などの特徴

回避性人格障害という言葉は精神医学に興味がある人は聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。また、聞いた事がない人でも症状を聞けば、「自分も回避性人格障害かも」と思うようになるかもしれません。

 

その症状などの特徴はどんなものなのでしょうか?

 

人を避けるのが最大の症状

回避性人格障害とは、正確には回避性パーソナリティ障害といいます。人格障害というのは差別的な意味合いもあるとして曖昧な英語読みをするのが正しいと医学界ではされているようですが、ここではそんな言葉遊びをしても仕方ないという事で、回避性人格障害とさせて頂きます。

 

回避性人格障害の主な症状は、「自己評価の異様な低さ」や、それからくる「笑われる事や嫌われる事への過敏な反応」、「人間不信」や「孤独感」、それに疲れてしまって「人との接触を避けるようになる」という症状が挙げられます。

 

人というものを怖がり、自分も怖がり、そして人を極端に避ける傾向があるのです。

 

ひきこもりになる割合が多い

回避性人格障害になるとひきこもりになる可能性もあります。

 

ひきこもりというと、社交不安障害などがよく挙げられますが、それよりも顕著に表れるのが回避性人格障害です。自己評価が低く、社会との関わりを一切断ってしまった結果、ひきこもりになったという人も多いです。

 

部屋に独りでいる分には、回避性人格障害でも何の障害もありません。ただ、「自分なんかが働いても社会に迷惑をかけるだけ」などと思い込み、ひきこもりが長期化したり悪化したりする原因にもなります。

 

回避性人格障害は誰でも持ちうる感情でもありますが、それによって生活に支障が出るようでしたら、それは治療の対象となります。

スポンサーリンク