回避性人格障害に関係する病気・障害

回避性人格障害に関係する病気・障害

スポンサーリンク

回避性人格障害に関係する病気・障害について

回避性人格障害に関係する病気・障害についての記事一覧になります。

回避性人格障害に関係する病気・障害記事一覧

回避性人格障害と発達障害(アスペルガーなど)

回避性人格障害とアスペルガー症候群などの発達障害は関わりがあるのでしょうか?確かに回避性人格障害の他者不信とアスペルガー症候群などの他者との交流ができないという部分は似ています。結論から言うと、回避性人格障害からアスペルガー症候群などになる可能性もありますし、アスペルガー症候群などの発達障害から回避...

≫続きを読む

回避性人格障害とひきこもり・ニート

回避性人格障害はひきこもりやニートになりやすいです。集団に攻撃される事を避け、自ら孤独な方向へ足を進め、一見無気力に見えるものの、信頼できるような人がいれば誠実に対応する。それは世間一般的にいわれているひきこもりやニートの特徴です。そして、回避性人格障害の特徴でもあります。回避性人格障害とひきこもり...

≫続きを読む

回避性人格障害と社会不安障害

回避性人格障害と社会不安障害は非常によく似た病気です。どちらも集団というものに対して上手く適合できない部分があります。しかし、病名が違う以上、全く同じというわけではありません。では、回避性人格障害と社会不安障害はどういう違いがあるのでしょうか?回避性人格障害と社会不安障害の違い回避性人格障害の最大の...

≫続きを読む

回避性人格障害とうつ病

回避性人格障害とうつ病は大きく関わりがあります。社会から孤立しがちな回避性人格障害の人は、上手く社会に適合できず、また社会に適合できたとしてもその症状である孤独感からうつ病になってしまうケースも多くあるのです。人は社会から孤立するとうつになります。そして、回避性人格障害は自分から社会から孤立してしま...

≫続きを読む

回避性人格障害と依存症

回避性人格障害の人は依存症になりやすいです。その中でも特にアルコール依存症になりやすいです。それは回避性人格障害の特徴に理由があります。依存症になるメカニズム回避性人格障害の人というのは、自分の事を価値のない人間だと思い込み、孤独感を抱えています。そして、そのせいで社会と上手く折り合いがつかない事が...

≫続きを読む

回避性人格障害と境界性人格障害

境界性人格障害とは単純に言うと、情緒不安定になる病気です。心の不安定さによってリストカットなどの自殺未遂や過食嘔吐を繰り返し、抑うつ状態などの症状があります。こうした境界性人格障害によって回避性人格障害が併発されてしまう事もあるのです。併発の特徴境界性人格障害はその特徴として問題行動の多さからコミュ...

≫続きを読む

回避性人格障害と強迫性障害

強迫性障害というのは、何かに強迫観念を持って意味のない行動を繰り返してしまう事です。最も有名なのが潔癖症ですね。不合理である事がわかっていても、不潔を嫌い、清潔な環境になるための行動を繰り返します。その他、鍵の確認を異常に行うなど様々な強迫性障害があります。そうした強迫性障害ですが、回避性人格障害と...

≫続きを読む

回避性人格障害と対人恐怖症

回避性人格障害とは回避性人格障害とは、自分に自信がないために、他人からの評価を非常に気にしてしまい、傷つけられることを恐れるために、他人との関わりを避けようとしてしまう障害です。とにかく人との関わりは避けようとするので、登校拒否や出社拒否、引きこもりなど、日常生活に支障を来してしまうほどの症状がでま...

≫続きを読む

回避性人格障害とアダルトチルドレン

アダルトチルドレンとはアダルトチルドレンとは、子どもの頃に虐待を受けていたり、親がアルコール依存症で家庭が通常とは違う状態になってしまったりといった辛い環境で育ち、大人になっても、その傷が癒えぬままになってしまっている人のことです。この言葉は1970年代にアメリカで作られました。このようなアダルトチ...

≫続きを読む

回避性人格障害とPTSD

PTSDとはPTSDとは心的外傷後ストレス障害のことで、強いストレスを抱えた際に起こる症状です。この強いストレスとは、子どもの頃に受けた虐待など過去の出来事の場合もありますし、災害や事故のような経験、パワハラなどの辛い経験といった急性のものもあります。これらの経験から、再び苦痛を感じたり、日常生活に...

≫続きを読む

回避性人格障害とADHD

ADHDとはADHDとは不注意、多動性、衝動性という3つの症状がみられる障害です。この症状は子どもの頃からでも見られることがあり、子どもの頃にはじっと座っていることが出来なかったり、順番を待つことが出来なかったりという症状が見られます。また、大人になった場合の症状としては、仕事における簡単なミスなど...

≫続きを読む

回避性人格障害とサイコパス

サイコパスとはサイコパスとは反社会性人格障害と言われ、良心が見られなかったり、罪悪感が見られなかったりといった言動が見られます。サイコパスの人は、他人を身体的にも精神的にも簡単に傷つけるため、非常に危険ですが、被害者は相手がサイコパスであることに気付かないことがほとんどです。それではサイコパスの人は...

≫続きを読む

回避性人格障害とパニック障害

パニック障害とはパニック障害とは、突然動悸やめまい、呼吸困難などの症状が出てしまい、死を感じ、恐怖にとらわれることで不安を感じてしまう病気です。この症状はいつ起きるかがわからないため、公共の場で突然起きることも考えられます。そのため、人前で症状が出てしまうかもしれないという不安も感じてしまうことにな...

≫続きを読む

回避性人格障害と依存性人格障害

依存性人格障害とは依存性人格障害とは、人に強く依存してしまう障害です。物事を決める際にも自分では決めることができず、他人に決めてもらったり、他人からの賛同を失うことに対して不安を感じたりという症状が出ます。人間は人に頼るという場面もありますが、依存性人格障害の人は依存性が非常に強く、常に他人の力が無...

≫続きを読む

回避性人格障害と場面緘黙症

特定の場面でしゃべれなくなる人には様々な性格があります。人前でしゃべることがとても得意な人もいれば、人見知りがあり人前でしゃべることが苦手な人もいます。そんなしゃべる人が苦手な人は、全員人見知りだと人くくりにしていませんか。しゃべることが苦手な人の中には、ある特定の場面でのみしゃべることが出来なくな...

≫続きを読む

回避性人格障害と愛着障害

愛着障害とは愛着障害とは、人との関わり方がわからず、うまく人と付き合うことが出来ないという障害です。愛着障害の原因は主に子どもの頃に受けた虐待です。子どもの頃に虐待を受け、親からの愛情を感じることが出来なかった場合に、衝動的な行動が見られたり、人とうまく関わることが出来なかったりという症状がでます。...

≫続きを読む

回避性人格障害と吃音

吃音とは吃音とは、うまくしゃべることが出来ずに、同じ音を連続で発してしまったり、言葉が途中で無音になり、言葉をつづけることが出来なかったりする状態のことを言います。このような症状を発症する障害を、吃音症といいます。この吃音症は5段階に分かれており、様々な症状が組み合わさったり、新たな症状を出したりし...

≫続きを読む

回避性人格障害と双極性障害

双極性障害とは、いわば躁うつのこと。ある時はテンションが高くなり、ある時は急激には激しい落ち込む症状が見受けられます。さらに、発症する世代も幅広いため、回避性人格障害と併発する可能性も高いと言われているのです。社会不安が強い時に併発するのか自分に否定的な考えや人との接触を避けたい回避性人格障害の特徴...

≫続きを読む

回避性人格障害と適応障害

適応障害とは、自分のおかれている環境に馴染めないストレスからする体の不調や精神的な不安定を発症して、職場への無断欠勤または不登校へつながる要因。医学的には適応障害は精神疾患の前段階の位置にあり、症状の半年以内に症状が緩和または完治に近い状態になるとされています。半年以上に症状が続いている場合は、精神...

≫続きを読む

回避性人格障害と総合失調症

総合失調症とは、幻想や妄想がひどく起こる症状であり、人間関係や仕事、家庭生活の支障をきたしやすい精神疾患です。総合失調症は、回避性人格障害を時にひどく悪化させる恐れがあるされています。幻聴で自分を受けいられない「あんたはダメ人間」「生きる意味がない人間」「死んだほうがマシ」など子どもの頃に親や友人に...

≫続きを読む

回避性人格障害が併発しやすいパーソナルティ障害

回避性人格障害が併発しやすい精神疾患を見てきました。それほど当事者の心の闇が深いことを物語っています。今回は視点を同じパーソナルティ障害のなかで回避性人格障害と併発しやすいリスクがあるのか見てみることにします。併発するリスク他のパーソナルティ障害と併発するリスクはあるのか。あるとすれば社会への不満も...

≫続きを読む

スポンサーリンク