回避性人格障害には瞑想は効果的か

回避性人格障害には瞑想は効果的か

スポンサーリンク

回避性人格障害には瞑想は効果的か

瞑想とは心を落ち着かせて「無」の状態に持っていくことを指します。

 

座禅やヨガは瞑想の分類になり、心の傷を癒すきっかけを作る方法として、心理療法に使われています。

 

回避性人格障害の人にも瞑想はどのような効果があるのか見てみることにしましょう。

 

瞑想は体から離れて何かを感じるもの

自分も嫌なことあった時は瞑想に近いものを行います。

 

ウォーキングに集中してる時とトイレ掃除をしている時です。

 

トイレ掃除をしてるうちに何か良いアイデアが浮かんだという報告は成功者に見受けられることで、動きながら禅の教えに近い状態になるのが掃除なんです。

 

禅宗のお坊さんが毎日行われていることは掃除や日常的なこと。掃除をするということで心もキレイにスッキリするんです。

 

面倒なことはやりたくない回避性人格障害の人がトイレ掃除をやり遂げることは奇跡に近いこと。掃除を1つやり終えた時の小さな達成感を感じて自身につながるのも、動く「瞑想」の1つではないかと考えられます。

 

禅の教えは日常生活に馴染んでおり日本人に適していると言われているぐらい、お寺に行かなくても自宅で瞑想はできるんです。

 

無になれること、階段掃除でもリビングの床ふきでもとにかくやってみましょう。

 

回避性人格障害の人にとって、掃除するというのは1つの壁です。ですが、掃除をすることによって心が無心になり「瞑想」の体験ができることを示しておきます。

 

瞑想による効果

回避性人格障害の人に必要なのは、今まではトラウマを打破する言葉または経験です。

 

瞑想を追求しすぎて、宗教団体に入会して社会生活が支障がくるほとのめり込んでしまうリスクが生じるのも事実。

 

リスクを回避するのに必要なのは、心理療法に瞑想を取り入れている専門医のいる病院や精神デイケアに通院する選択がリスクを回避する方法ではないでしょうか。

 

心理的な解釈による瞑想であること、同じ症状の人たちと一緒にやれるという環境から、瞑想をやってみた感想を共有することで、少しずつ考え方を変えていく効果が期待できます。

 

自宅できる瞑想と専門医の指示で行う瞑想の2つを取り入れてみると良いでしょう。

スポンサーリンク