回避性人格障害を治したいと願っている

回避性人格障害を治したいと願っている

スポンサーリンク

回避性人格障害を治したいと願っている

回避性人格障害およびその他のパーソナルティ障害は発達障害とは異なり、治療に専念することで症状が完治する確率が高いのです。

 

回避性人格障害の人のなかには、強くこの症状を治したいと日々治療やトレーニングに励んでいる人が存在します。

 

何度も言います。回避性人格障害は治ります。不治の病ではないということを覚えておきましょう。

 

治したい人のために

回避性人格障害を治したいけど、どうしたらいいの。そこからのスタートです。

 

まずは周囲の評価から自分に評価に切り替えるトレーニングが必要になります。

 

自分でやれるなら自分なりに行動をすれば良いですが、精神科にあるデイケアに通うなどして、同じ症状を持つ人たちとの交流から、学ぶものを体得していきます。

 

体得は自分と他人とは全く異なります。

 

自分が何かの変化を受け入れたと感じたらそれは自分の考えが変わった証拠。

 

受け入れた自分を褒めることで、症状を治したいという力が回復へつながっていくのです。

 

後ろより前を向こう

回避性人格障害を治したいのなら、後ろの記憶より前へ進む力が必要です。

 

いつも否定されて生きていたから回避性人格障害を引き起こした。

 

もし、引き起こすことを防げたモノはあったのか。をノートにまとめてみたことがあります。

 

例えば、イジメっ子にイジメられた時、泣きながら机や椅子をイジメっ子に向かって投げていたら、次の日はイジメが無くなったのか。など。

 

なんでもいいんです。否定されたことを別の視点から見れる力を育てる方法として、探ってみるのも大事です。

 

それでも治らない場合、暴露療法という今の状況に慣れるというトレーニングです。

 

今の状況が最悪な場合、「命を落とす状況でなければ、最悪ではない」という「生きていれば丸儲け」なポジティブ要素を引き出せます。

 

自分が吃音症と向き合った方法に使ったこともたり、「吃音症だから、死ぬことはない。だから別に悲観するのがもったない。」という結論に至りました。

 

仕事の失敗や何かに挑戦することち避けないトレーニングに向いています。

 

回避性人格障害を治したいのなら、それなりの覚悟が必要ですが、笑いあり楽しくトレーニングをすれば、必ず治したいから治ったになるでしょう。

スポンサーリンク