回避性人格障害の人がポジティブになるには

回避性人格障害の人がポジティブになるには

スポンサーリンク

回避性人格障害の人がポジティブになるには

ポジティブ=自己暗示と呼ぶべきでしょうか。

 

「必ず志望校または、国家資格に合格する!合格以外の文字は存在しない」というやり方で、突破してきた人もいらっしゃることでしょう。

 

不安を押し殺す魔法というものです。

 

回避性人格障害は日本人なら誰にでも持っていること、日本の進路や就職は仕組みは一回のチャンスしか与えてもらってないこと。

 

このプレッシャーに勝つためにはいかに自分をポジティブに持っていくこと。

 

回避性人格障害で悩んでいる人に必要な力でもあるのです。

 

生きがいとポジティブがあれば良い

生きていくにはお金が必要。そのために組織に属してまたは、自分の力で賃金を得なければいけません。

 

その動力に必要なのは「生きがい」を見つけること。

 

その生きがいを楽しむために、何事もポジティブに考えるようになるのです。

 

「好きなアイドルのコンサートのために嫌な仕事を頑張る!この嫌な会議を乗り越えれば明日はコンサートに乗り込む」目の先の目的はコンサートであり会議の成果よりは大きいものになっています。

 

「生きがい」を見つけること、見つけるきっかけを提供しないと、回避性人格障害はいつまでも当事者を苦しめるだけです。

 

生きがいあればOK

生きがいというのは、何でもいいんです。

 

スポーツ観戦でもよし!編み物でもよし!習字やそろばん、囲碁や将棋など。

 

回避性人格障害は苦手なものを避けるなら、得意なものはありますか。

 

苦手なもののなかで、比較的自分でできそうなものを見つけて1ヶ月続けてみましょう。

 

継続的に続けたれたら、生きがいにになってくるはずです。

 

生きがいを続けるなら、生きるしかありません。生きがいのために生きるのも悪くありませんよ。

 

その時点で当事者はポジティブに生きているのですから。

 

人間は完璧ではありません。不完全だから、パーソナルティ障害などを生み出すわけです。「みんな違ってみんな良い」それで良しとしましょう。

スポンサーリンク