回避性人格障害にはサプリを飲むと効果があるのか

回避性人格障害にはサプリを飲むと効果があるのか

スポンサーリンク

回避性人格障害にはサプリを飲むと効果があるのか

前の項目に回避性人格障害の人は「セロトニン」という幸せホルモンの分泌量が少ない。ということを触れてきました。

 

ダウン症などの発達障害の人は研究により、栄養が偏っているということが分かり、サプリを使った化学療法を行っています。

 

回避性人格障害を緩和または完治するには、心理療法または薬物療法も必要ですが、生きる原動力の基本である「食事」から変えていくことも重要視されつつあるのです。

 

回避性人格障害に効果的なサプリとは

回避性人格障害は不安要素が高いため、体が常に緊張した状態ということ。

 

まずは体をリラックスする物質を脳から分泌させる必要があります。

 

そのためには、健康補助食品であるサプリを摂ること。

 

ビタミン、ミネラル、アミノ酸は必須です。

 

幸せホルモンの原料はバナナやナッツに含まれているトリプトファン。サプリでいうと安眠を促すサプリを飲むと良いでしょう。

 

体がリラックスする時間は夜、寝る時間帯。

 

自然な安眠が取れていないのは回避性人格障害などのパーソナルティ障害や適応障害の身体的負担として出ています。

 

まずは体をリラックスさせることを目標に飲んでみましょう。

 

注目されてるサプリ

自身でも飲み始めてるサプリがあります。さのサプリとは「ユーグレナ」です。

 

ユーグレナはミドリムシのことで、なかなか食べ物から摂れない不飽和アミノ酸やビタミン ミネラルが一変に摂れるのです。

 

注目されるのが、「アラキドン酸」の精神の乱れを防ぐ効果です。

 

アメリカの研究では、アラキドン酸が不足すると、精神的に不安定になりやすい報告があるのです。

 

身近なものだと乳酸菌のサプリ。カナダの大学の研究により「腸内環境を整えることで脳内物質のレベルも変化する」と、つまり基礎代謝を上げて体内の老廃物を外に出すデドックス効果を生活に取り入れることを推奨してるのです。

 

サプリ以外にも甘酒やグリーンスムージーなど酵素を取り入れることで、体の循環機能を強くしてホルモンの調整、自律神経の安定を促し、心のケアを心がけるという動きも広がっています。

 

それは、回避性人格障害の治療にも良い効果をもたらす可能性は十分にあるでしょう。

スポンサーリンク