回避性人格障害とマインドフルネス

回避性人格障害とマインドフルネス

スポンサーリンク

回避性人格障害とマインドフルネス

マインドフルネスとは、「心のエクササイズ」とも言われています。

 

今の自分を受け入れること。

 

回避性人格障害にとっては自分を受け入れない状況のまま大人になっているケースもあるので、マインドフルネスを体得することがどんな影響をもたらすのか見てみることにします。

 

マインドフルネスは平仮名を練習するのと似てる

赤ちゃんの頃に平仮名 カタカタ漢字をマスターしたという人は0に等しいでしょう。

 

幼稚園や保育園または幼児教室で、平仮名を一生懸命書く練習しまたよね。

 

平仮名をマスターするまで、ベソをかきながら書いた思い出があります。

 

ふとした日に平仮名を書けた時の嬉しさは大きかったと思います。

 

平仮名を書けたことにより次はカタカナ、そして漢字と段階を踏んでマスターしてきたのです。

 

マインドフルネスも同じことです。

 

否定したきた自分を段階を踏んで向き合う。その時間の積み重ねが「自分を受け入れる」という新しい考え方を体得するのです。

 

それは、回避性人格障害の人にとっては完治する大きな一歩となることでしょう。

 

自分に気づく

ずった避けてきた自分に気づくことを目標であるマインドフルネス。

 

マインドフルネスは、ヨガのやり方に似ているんです。

 

精神デイケアのプログラム似てヨガを採用している施設もあり、ヨガ=マインドフルネスを体得する時間になっているのかもしれません。

 

マインドフルネスもヨガも呼吸を整え、精神統一する行為で心を無にすることには共通しています。

 

回避性人格障害の治療には、その奥にある閉じこもっている自分に光をあてること。

 

今の自分を認めて悪いことはありません。そのプライドを捨てて視野を広めてみると、あなたにとって大切な人が待っているんです。

 

マインドフルネスは回避性人格障害ではなく、全ての人に効果があるということを知っておきましょう。

スポンサーリンク