過保護であることは回避性人格障害の原因となるか

過保護であることは回避性人格障害の原因となるか

スポンサーリンク

過保護であることは回避性人格障害の原因となるか

過保護である家庭が増えている

今の日本では、過保護ぎみの家庭が増えているように感じます。子どもが行うことには、何から何まで親が手伝ってしまうのです。

 

このような家庭で育つことで、自分で考えながら行動をするという子どもが減っていっているというのが現状です。

 

そして、過保護が回避性人格障害の原因となるという話があります。それは事実なのでしょうか。

 

過保護は回避性人格障害の原因になる

過保護が回避性人格障害の原因となる話をよく目にしますが、これは事実です。これにより、人と接することが苦手な人が増えていっています。

 

また、近年ではインターネットが発達し、SNSなどで簡単に遠くの人と交流することができます。友達と一緒にしてもスマートフォンを触っているという人も多いと思います。これにより、さらに人と接するということから遠ざかっていってしまっているのです。

 

回避性人格障害になるメカニズム

過保護であることが、なぜ回避性人格障害の原因となるのでしょうか。

 

過保護である家庭は、多くの場合が子どものことを否定しない傾向にあります。そのため、自身を否定されない環境に慣れた状態で大人になっていきます。

 

しかし、大人になれば交友関係は増えるもの。そうすると様々な考え方の人が現れます。そして、自分の考えなどを否定されるのです。

 

ですが、今までの環境で、自分自身を否定されたことがないため、人から否定されるということに苦痛を感じ、人と接することを避けるようになってしまうのです。

 

このようにして、回避性人格障害へとなっていくのです。

 

この場合、絶対に否定しないと確信が持てる相手としか接しなくなるため、結果的に親や家族などとの交流しか持たなくなっていくのです。

スポンサーリンク