子供の回避性人格障害

子供の回避性人格障害

スポンサーリンク

子供の回避性人格障害

回避性人格障害は成長過程で起こる

回避性人格障害の多くは、大人への成長過程の中で起こると言われています。その原因が家庭環境です。

 

過保護や過干渉といった、子供に干渉し過ぎた場合や、愛情不足や虐待など、子供が辛い経験をした場合などです。

 

このような環境で育った子供は、大人になると回避性人格障害を発症する可能性があります。

 

しかし、回避性人格障害は大人ばかりでなく、子供でも発症します。

 

子供でも発症することがある

しかし、大人になる前、子供であっても回避性人格障害を発症する可能性があります。それが、愛情不足や虐待などを受けた場合です。
愛情不足や虐待を受けると、自分自身に悪いところがあるから、親から好かれないという感情になります。これにより自信を失い、他人からも嫌われてしまうのではないかという不安から、回避性人格障害の症状が出ることがあります。

 

これは、愛情不足や虐待の強さなどによって左右され、この辛い経験が強ければ強いほど子供でも回避性人格障害になりやすくなります。

 

子育ての仕方が大切

このように回避性人格障害は子供の頃の家庭環境や家庭での経験が原因となります。また、場合によっては子供の時から発症することもあります。

 

そのため、子育ての仕方が非常に大切になります。干渉し過ぎてもいけませんし、愛情が不足してもいけません。その加減はとても難しいものです。初めての子育てであれば、尚更難しいことです。しかし、この子育ての仕方によって、子供の今後が左右されてしまうのです。

 

親の役割は非常に重要です。その役割をしっかりと理解したうえで子育てに励むことが、非常に大切です。

 

子供の事を考えて、しっかりとした大人に成長するように、子育てをしていきましょう。

スポンサーリンク