回避性人格障害の人が子育てをする場合

回避性人格障害の人が子育てをする場合

スポンサーリンク

回避性人格障害の人が子育てをする場合

回避性人格障害は遺伝する?

回避性人格障害は、人と関わることを避けてしまう障害です。この回避性人格障害は子どもに遺伝するという話を聞きます。

 

実際に回避性人格障害の人の子どもが回避性人格障害になる確率は高くなっています。しかし、これは実際には遺伝とは異なることで、子どもにも発症していることがほとんどです。

 

それは子育ての仕方に問題があるのです。

 

回避性人格障害は連鎖する

回避性人格障害は、子どもの頃の過保護や虐待といった経験が原因となり発症することがあります。そのような人たちが子育てをすると、自分が受けてきたことと同じことを自分の子どもにもしてしまいがちです。

 

過保護に育てられてきたのであれば過保護に、虐待を受けてきたのであれば子どもに辛い思いをさせてしまいます。

 

同じような環境で育てば、子どもも自分と同じように育ちます。このようにして、回避性人格障害は親から子へと連鎖していくのです。

 

そのため、回避性人格障害は遺伝するといったように捉えられるのです。

 

子どもには同じ目に合わせない

回避性人格障害の人が子育てをするうえで大切なことは、自分が育った環境とは違う環境で子どもを育てていくことです。

 

回避性人格障害は非常に辛いものです。もし、自分が育ってきた環境と同じような環境を子どもに与えているのであれば、大人になった後も自分と同じ道を歩むことになると考えてください。それでは、子どもが辛い思いをしてしまいます。

 

ですので、自分の子どもには回避性人格障害の辛さを経験させないようにするという、強い思いをもって子育てをしましょう。

 

回避性人格障害は自分で断ち切るという考えが、回避性人格障害を広めない方法になるのです。

スポンサーリンク